歯科医の口コミについて

ホームへ戻る >  加熱殺菌と非加熱殺菌  > 歯科医の口コミについて

よい歯科医師を探す場合、口コミを参考にしている人も多いでしょう。ただ、この口コミは正しく活用することが重要です。


口コミといっても現代社会では2つのタイプに大きく分けることができます。まず直接話を聞く口コミ。友人や家族、あるいは近所の人など、相手の「顔」がわかる状況で感想や評価を聞くケースです。この場合、話をする相手が直接経験したことに関する評価を聞くことになるので信頼がおけます。また、相手が親しい人ならその評価が適切かどうか、自分にも当てはまるのかどうかも判断することができます。


もうひとつはメディアから入手する情報。とくにインターネットに掲載されたもの。現代社会では口コミといえばこちらがまず連想されるようです。このタイプは不特定多数からの情報を入手することができるため、情報量が圧倒的に多くなるのが特徴です。しかしその一方、評価をした人の「顔」が見えないため、情報の信憑性に「?」マークがつきます。

歯科医の口コミの場合、特に2つ目のタイプの扱いに注意が必要と言われています。本当に評判がよいところと、「作られた評価」のところがあるというのです。歯科医の過剰問題がいわれているように、どの歯科医も患者を獲得するために必死になっています。その手段としては自作自演の形で口コミの評価を利用しているところもあると言います。


つまり、自分で高い評価をしていかにも多くの人から評価されているようなフリを装うわけです。口コミは便利なものですが、こうした情報に踊らされずにうまく活用することが求められるわけです。