保育士のいる歯医者

ホームへ戻る >  美しい歯を取り戻す  > 保育士のいる歯医者

大田とは、東京23区の1つである大田区の総称であり、東京都の東南部に位置し東は東京湾に面し、北は品川・目黒区に、北西は世田谷区に、さらに西と南は多摩川をはさんで神奈川県川崎市とそれぞれ隣接しています。大田の歴史は、昭和22年にさかのぼり、当時の大田区と蒲田区が一緒になって誕生しました。その際に1文字ずつをとって大田と命名されました。大田の前身である大森・蒲田の両区は、ともに昭和7年に当時の東京市へ隣接する群町村が編入された際に設置されました。現在の大田区の面積は、区内第1位であり約60平方キロメートルの大きさを有しています。

大田区は子育てに適した環境であると言われていて、区内の公園はとてもきれいに整備されていたり、児童館などの子どもを遊ばせることのできる施設も充実しています。また、大田区の歯科では、子ども連れでも安心して治療に訪れることができるようにと託児施設を併設したり、歯科内にキッズルームを設けて、子どもたちも安心して遊ぶことができるので子どもも退屈することなく待つことができるようになっています。歯科によっては保育士を雇っていて、治療中はその保育士さんに子どもを預けて安心して治療を行なうことができるようになっています。