通いやすい歯医者を選ぶ

ホームへ戻る >  歯と口の関係について  > 通いやすい歯医者を選ぶ

荒川区荒川区は東京23区の中央からやや北東に位置し、東京都全体では北東部に位置する区です。区内はほぼ低地になっていますが、日暮里地区の一部は山手台地になっています。文京区、台東区、墨田区、北区、足立区に接しています。



この区にある駅はJRでは山手線、京浜東北線の西日暮里駅、日暮里駅、常磐線の日暮里駅、三河島駅、南千住駅、私鉄では日暮里・舎人ライナーの日暮里駅、西日暮里駅、赤土小学校前駅、熊野前駅、京成本線の日暮里駅、新三河島駅、町屋駅、つくばエクスプレス、南千住駅、地下鉄では千代田線、西日暮里駅、町屋駅、日比谷線の南千住駅、また、都電荒川線の13駅もあります。荒川区内は下町としての特色を残しつつも、閉鎖してしまった工場跡地などを再開発し、公園整備などが行われています。また南千住地区の再開発によってマンションの建設が続き、若い世代の人口の流入が目立ちました。そのため90年代まで減少していた区全体の人口も増加に転じました。

このように人口が大幅に増えたことで、今まであった病院だけじゃなく新しく診療所なども増えました。歯医者もこのような理由から増え、今までよりも専門の治療が出来る歯医者なども増えました。歯医者は1回で終わる治療は少ないので、通いやすい病院を選ぶと良いと思います。