噛み合わせバランスを大切に考える歯医者

ホームへ戻る >  歯と口の関係について  > 噛み合わせバランスを大切に考える歯医者

虫歯菌虫歯菌におかされやすい歯はどのようにしてできるのでしょう。その鍵は噛み合わせバランスの良し悪しが握っています。噛み合わせバランスが崩れると、特定の歯に噛むときの強い力がかかります。特定の歯に強い力がいつもかかるようになると、歯はその負担に耐え切れずにエナメル質や象牙質が壊れ始め、隙間を作るようになります。



このような状態になることでその歯はもろくなり虫歯菌におかされやすくなるのです。狂った噛み合わせバランスは虫歯だけでなく、歯茎の炎症である歯周病の原因にもなります。歯の治療をするときは噛み合わせバランスを狂わせないことが最も大切なことと考えるのがいい歯医者です。

しかし、治療をしたことでかえって噛み合わせバランスが崩れたという悪い歯医者の例があまりにも多いのではないでしょうか。いい歯医者は歯は簡単にいじらないということです。安易に歯を削り、歯を抜くことで噛み合わせバランスを狂わせてしまうのが悪い歯医者です。



ところで、必要に迫られて歯を削ることも、歯を抜くこともあります。ただしそれは、噛み合わせバランスを回復することを目的に行なう場合に限られるのです。いま歯の治療の常識は歯を簡単に削らないこと、歯を抜かないことです。評判のいい歯医者は、練馬区栄町、練馬区南田中、練馬区東大泉にあります。