すぐ削らないのは良い歯医者

ホームへ戻る >  歯と口の関係について  > すぐ削らないのは良い歯医者

乳歯が虫歯になると、黒ずんでくるので、なり始めの場所が見つかることがあります乳歯が虫歯になると、黒ずんでくるので、なり始めの場所が見つかることがあります。このような場合もすぐに削る必要はありません。大きく深くない限りは虫歯の進行を止める薬のサホライド(フッ化ジアミン銀)を塗り、その後の経過を見ることが大切です。



すぐに削ってしまうのは悪い歯医者と言えます。進行を薬で止められないときに限り、やむなく虫歯を削って詰め物をしますが、乳歯の詰め物はセメントやレジン(プラスチック)などやわらかい素材にする必要があります。乳歯は軟らかくて磨り減りやすい性質を持っています。これは噛んでよく磨り減るほうが、歯並びのいい健康な永久歯に生え変わるのに好都合だからです。このような乳歯の性質を考えれば、硬い金属を入れると、その金属だけが磨り減らず、噛み合わせバランスが崩れます。セメントやプラスチックは金属に比べて取れやすいのは事実ですが、取れたらまた入れればいいのです。

歯は安易に削らない、というのが治療の原則ですが、削って治療をしなくてはいけない場合があります。それは虫歯の状態が進んでしまったときです。ただし、その場合も、削って治療しなければならない状態であることを鏡などで見せながら、患者によく説明し、そして削った後にその歯を噛めるように仮歯できちんと回復するのがいい歯医者です。評判のいい歯医者は、葛飾区新小岩、葛飾区金町6-12、葛飾区金町6-10にあります。