歯と口の関係について

ホームへ戻る > 歯と口の関係について

すぐ削らないのは良い歯医者
噛み合わせバランスを大切に考える歯医者
虫歯予防に効果の高い歯医者
通いやすい歯医者を選ぶ
難易度が異なるインプラント

口または口腔は食物が入ることで歯によって小さい断片にかみ砕かれます口または口腔は食物が入ることで歯によって小さい断片にかみ砕かれます。


つまり消化を始める消化管の最初の部分が口なのです。そして、唾液とかみ砕かれた食物は混ざります。


人間は、消化器系の始まりとしての役割と口はコミュニケーションにおける役割があります。声の第一の局面はのどで作り出されますが、人間の言語には音の範囲を含んでいます。


舌、唇、および顎がそれを作ってしています。口と唇の物理的な外観は性的な魅力を定義する際にも役立っています。


口は、通常、湿気が多く、粘膜でおおわれています。唇は皮をむくいたあとの粘膜の状態になっています。


口は歯茎(歯を含んでいる)があり、そのあとに口腔があります。口腔は食物を飲み込むと食道を下り、胃の中へと送られていきます。

特にかむとき、西洋のエチケットでは口は閉じられることが求められます。


ほとんどの文明国では、エチケットが重要視される以外に、口紅かリップを唇に塗っています。そのためグラスで飲み物を飲む場合、口紅がグラスについてしまいます。


あと口は呼吸する役目もあり、口を通して酸素を吸入して息を吐き出します。


健常人は、通常、軽い運動中や休んでいるとき、鼻で息していますが、同時に活発な有酸素運動の間、十分な酸素を供給するために両方を通して鼻と口を吸い込みます。